• ホーム
  • 性器ヘルペスの原因と感染経路はどこ?性行為でも移ってしまうの?

性器ヘルペスの原因と感染経路はどこ?性行為でも移ってしまうの?

頭を抱える男性

性器ヘルペスとは性器にヘルペスウイルスによって引き起こされる感染症のことを言い、性器に水ぶくれやただれなどが起こります。性器に何らかの不快な症状が起こるということですので、性器に何らかの自覚症状が出た場合には十分に気を付けた方がいいということです。一度性器ヘルペスとして感染した場合には、ウイルスが下半身の神経に潜伏しますので、何らかのタイミングで再発しやすくなります。

初めて性器ヘルペスにかかった場合には、症状が強いことがありますので、何らかの痛みが生じたりすることがあります。それに対して、再発した場合にはそれほど痛みを感じることは無く、水ぶくれなどができるということです。再発するたびに症状は軽くなるという傾向にあります。完全に治癒するということは難しいですので、一度かかった場合は一生性器ヘルペスにかかる可能性があるという風に認識してください。

性器ヘルペスにかかる原因は、何らかのきっかけで他人からうつる場合になります。ウイルスは自力で増殖するということはできませんので、感染した人に皮膚で触れることによってしか増殖することができないです。性器ヘルペスであれば性行為によって皮膚と皮膚が触れあうことになりますので、それによってかかるという可能性があります。パートナーの性器にヘルペスウイルスが感染しているのであれば、その人と性行為をすることによって感染するということが考えられます。パートナーが口唇ヘルペスを持っている場合に、オーラルセックスをすることにより、性器にヘルペスを発症するということもあるくらいです。

性器ヘルペスの感染経路で言うと、パートナーからうつされるということがほとんどです。ただ、自覚症状が無いというケースも見られるので、もしかするとパートナーが無自覚でうつしているということもあります。性行為を行う時にうつるという可能性がありますので、コンドームを付けるなどしてしっかりと自制することです。性器ヘルペスは少なくとも性行為をしている時に感染するリスクが高いですので、その時に注意をしたほうがいいです。

性器ヘルペスにかかったからと言っても、命に影響するというわけではありません。しかし、命の影響が無いからと言って治療しないというのは違います。性行為をする時に他人にうつしてしまうというのは迷惑でしかありません。性行為をする時に、他人に迷惑をかけないということを日頃から肝に銘じておくべきです。