• ホーム
  • ゾビラックスってどんな薬?子供にも安全に使えるのか知りたい!

ゾビラックスってどんな薬?子供にも安全に使えるのか知りたい!

病原体

子供であってもヘルペスや水疱瘡、帯状疱疹にかかることは十分にあります。その場合に何らかの治療薬をもらうことがあり、その代表例としてゾビラックスがあります。ゾビラックスは大人に処方されることは十分にありますが、子供にも安全に使用できるのかどうか気になることでしょう。

結論から言うと、子供に対して使用するのは問題がありません。医師が処方してくれるということであれば、子供に対してもきちんと配慮した上で処方するわけです。処方してもらう時に、どのようにして使用すればいいのかということを、親御さんにしっかりと説明をしてくれますので、その説明をしっかりと守りながら使用をしていけばいいです。分からないことがあれば、医師並びに薬剤師に質問をすれば何ら問題はありません。

ゾビラックスにはいろいろな種類があり、子供には顆粒タイプが処方されるケースがあります。顆粒タイプを服用するということならば、なるべく噛まずにサッと飲みこむことがおすすめです。顆粒を噛んでしまうと苦さが気になってしまうでしょうから、サッと飲み込んで水で流し込むということがいいでしょう。子供に飲ませるわけですので、多少飲み方を工夫することによって苦さを感じさせないということも有効です。

子供にゾビラックスを服用する場合も回数や量に注意する必要があります。回数で言えば1日4回になり、どのタイミングで服用させるのかということをしっかりと決めた方がいいです。4回服用させるのであれば、うまい具合に等間隔になるように毎食後と就寝前がふさわしいです。大人が5回なのに比べて子供は4回になっていますので、回数を勘違いしないようにしてください。

ゾビラックスを服用する量については、体重がどのくらいなのかによって変わってきます。目安としては1kgに付き20mgで、10kg以上の体重があるのならば1回200mgを服用するということです。体重が異なれば、飲む量にも気を配らないといけないということになります。

子供であれば何らかの違和感がある場合に泣き出したりしますので、それによって異変を感じることができるはずです。異変を感じた時に、すぐに病院に行って治療をしたほうがいいのは言うまでもないことです。単純ヘルペスと水疱瘡の場合は5日程度、帯状疱疹の場合は7日程度が効果の目安になります。早期発見して、家庭でしっかりとゾビラックスを使用することができれば、このくらいまでには治癒するということです。